ya21
ya13 ya14

line

  「票友」とは京劇愛好者の別名で、「票友」が活動する場所、つまり京劇愛好家クラブを「票房」といいます。東京京劇票房(クラブ)は関東における京劇愛好者の組織であり、愛好者が京劇の歌や演技を練習し、親睦を図る非営利団体です。その創立は1949年で、世界において一番長い歴史を持つ、日本で数えられる京劇クラブです。
  東京京劇票房の活動は下記通りです:第一は京劇の歌と劇の研究です。会員は票房で練習の際、胡弓伴奏者の手ほどきを受け、更に会員同志の経験を伝授しあい、票房は会員の技芸研鑽の場となっています。第二は公演や演芸会(パーティーなどでの小公演)です。日頃京劇の歌や仕草を習い、自分が舞台に登って演じるのも楽しいです。第三は京劇俳優などとの交流と交歓です。会員は来日公演のプロの俳優や京劇愛好家を誘い、一緒に交歓したことがあります。さらに海外に行って、京劇愛好者との交流と交歓もあります。2008年会員は米国ハワイに行き、当地の京劇愛好者と交歓し、交流公演を開催しました。
  東京京劇票房の会員には様々な職業の人がいます。かつては民国政府駐日外交官、香港、台湾や大陸の経営者などが多くいました。80年代以後は日本の会員が加入し、当時、戯曲専攻の学生、現在中国戯曲研究に携わる加藤徹教授、細井尚子教授、波多野真矢講師は京劇票房の会員でした。90年代後期、古くからの会員は高齢となり、前後して票房の活動を退きました。  
  東京京劇票房は会員自身の楽しみの場であるだけでなく、中国文化を伝え、日中の文化交流の場所でもあります。票房はいつでも見学が出来、会員の演技も多くの人に見てもらえます。私たちは票房を通じて京劇芸術を広め、多くの方々に京劇を知っていただき、ひいては京劇を愛していただけるようにと願っています。
京劇の伴奏(文武場)
luoguin.jpg danpiin.jpg
東京票房打楽器の練習風景 鼓師(指揮者)邱雪痕氏が単皮鼓で指揮している所
単皮鼓は、片面しか皮が張っていない鼓のことで京
劇の指揮に使われ、銅鑼などの打楽器奏者はみな
それを見て楽器を鳴らすのである。
ya15