ya20
speaker ya13 ya14

line

京劇の伴奏は「文武場」と呼ばれ、打楽器の部分は「武場」と呼ばれる。
歌の伴奏をする部分は「文場」と呼ばれ、ふつう「京胡」「京二胡」「月琴」
の3種類の楽器を使い、これを「三大件」と呼んでいる。
jinxiin.jpg
「京胡」は京劇用胡弓の略称で、伴奏
メロディーを演奏するリーダ的な役割を
果たしている。弦は2本、共鳴箱は竹
筒で作られ、蛇の皮が張られている。
弓は竹で作られ、馬の尻尾の毛で弦
を擦って音を出す。甲高い音であるが
、音程は普通1オクターブだけである。
京胡
erxinin.jpg
「京二胡」は京劇用二胡の略称で、メロディーを演
奏する低音部を担当している。普通女性役の歌を
伴奏する時のみ使われる。共鳴箱である木の筒は
胡弓の竹筒より大きく、円筒ではなく、六角の形を
しているものが多い。
京二胡
yuexinin.jpg
共鳴箱は満月の月のように真ん丸くなっていることから、
「月琴」という名前になったと言われている。弦は2本の
もの、3本のものと4本のものがあるが、京劇では、音程
の高い外側の1本のみ使う。
月琴
ya15