東京で京劇の音楽を演奏・伴奏するプロ集団です。


 京劇は、生バンドで伴奏しないと本来の魅力が出て参りません。俳優の一つ一つの動作に打楽器のあの表情豊かな音が伴奏となって俳優の演技を盛り立てますし、また、歌については、吹奏楽器である笛やソーナで伴奏されるものもあれば、弦楽器である京胡、京二胡と月琴で伴奏するものもあり、いずれも歌を包むようにし美しく聞こえるように伴奏します。
 是非生演奏による京劇音楽の醍醐味を味わってください。


楽団紹介

団長:
総指揮:

楽器担当

大銅鑼:
シンバル:
小銅鑼:
京 胡:
京二胡:
月 琴:
ソーナ:
笛:
銭 騰浩(笙奏者)
邱 雪痕 (司鼓)



潘 道行、洪 剛
金 虹
関 潔沁
王 懐良
金 虹
神山志郎
銭 騰浩、神山志郎
銭 騰浩、神山志郎
備考

〇楽器担当は固定しているわけではありません。プロのバンドマンは大体いくつかの楽器をこなし、必要に応じて担当します。

〇山下輝彦は、時々バンドの演奏に加わります。担当楽器は、月琴、ソーナと笛です。 

    開演する前の楽団の様子(舞台の右手が楽団員のいる場所です)